盗聴器探査もお任せ

盗聴器探査もお任せ

法制度の問題で、犯罪につながる可能性があるにもかかわらず、取り締まりにくいのが盗聴器です。厳密には電波法そのほかの違反なのですが、多くの場合は、仕掛けた相手が、誰だか分からないので取締りはできません。よくあるのがコンセントタップ内蔵の品、後はごく小さくてあちこちに隠せるものです。本当にそのあたりに盗聴器販売のお店があるのです。探偵事務所以外にも引越し業者も今は盗聴器探査を行います。ただ、ストーカー等が関与することもある場合は、探偵事務所の精度の高い機材が必要です。

盗聴器と並んで、よくあるのが盗撮やのぞきです。実はこれは精神医学の領域です。昔のことですが盗撮目的で女子校に入ろうとしたり水泳大会をのぞこうとした人物が出ました。13歳以下の子供を性行為の対象にしたいという衝動が持続する場合は、小児性愛という病気です。ちなみに下着を盗聴ついでに盗むのはフェティシズムです。性的な意味で相手の裸体をこっそり見たいという場合は窃視症です。お風呂場や更衣室に盗聴器や盗撮用カメラを仕掛け、数か月間続けますと病気です。探偵事務所では盗撮や盗聴の機材を取り除くとともに、犯人が誰かも探してくれることがあります。個人だけではなく学校や企業も探偵事務所に調査を頼んでもいいでしょう。

因みに上記のような行為があった場合はアメリカなどでは女性ホルモン投与に生殖能力減退、正常とされる対象にしか反応しない過酷なプログラム、GPS監視が待っています。再発率が高いのでプロの探偵事務所に解決を頼みましょう。

関連記事

  1. 女性だけの探偵事務所
  2. 被害に遭ったのは自分の所為ではない
  3. ひとりで対応しようとしない
  4. インターネット犯罪と女性
  5. ストーカーと探偵事務所
  6. 今は危険な時代に