依頼報告後はどうすればいいの?

依頼報告後はどうすればいいの?

興信所に依頼をして、その結果を報告されたときはどのような行動をとるべきなのでしょうか。
依頼主が何のために調査を依頼するかによってとるべき行動は変わってきます。
例えば浮気調査を依頼したとするのであれば、それで得た浮気現場をとらえた証拠を使って離婚をしたいと考えた場合は裁判所に提出することになります。

どこどこの興信所によって得られた証拠と言うことをしっかりと伝えておけば、裁判を有利に進行できるようにできるのです。
もしそれを一人で扱うのが不安だというのであれば、興信所にアフターケアをしてもらって、相談に乗ってもらうといいでしょう。弁護士とも一緒に考えてもらえばさらに確実な証拠ともなります。
人によっては裁判などに利用するのではなくただ単に相手の情報を知りたいというだけの場合もあります。
興信所に成功報酬をしっかりとはらって第三者にはその情報を流さないように注意さえしていれば大丈夫です。

相手の詳しい情報を依頼主が持つことになるので、その後の取り扱いには十分注意しなければなりません。
情報が漏えいしてしまえば相手の将来性を傷つける可能性もあります。
何よりも犯罪行為となってしまうので情報の漏えいだけは避けなければなりません。
興信所によって得られた情報は、報告されてそこでお終しまいにしてはいけません。
その後どのような扱いをするかによって良い力となってもくれます。
情報は悪影響を及ぼすものでもあるので、厳重に大切に使っていかなければならないのです。

関連記事

  1. 興信所に依頼を申し込むときの注意点は?
  2. 依頼する時はどういうことが必要なの?