違法な浮気調査とは

違法な浮気調査とは

浮気調査はプライバシーに入り込んだ調査となりますから、違法と隣り合わせであることが多いとされています。
携帯電話をチェックすることだけでも、プライバシーの侵害と言われ、違法となってしまう場合もあります。カードや口座の情報をパートナーから盗み出し、履歴を調べるというような行為も、パートナーがプライバシーの侵害だといってきた場合には、違法となってしまいます。何か理由をつけることができるのであれば、違法となることはほとんどありません。

たとえば、GPSを利用して、浮気調査をする場合、パートナーがどこにいるかわからないと、心配だし、迎えに行ってあげることが出来ないなどという理由があれば、GPSは違法にはなりません。ですが、浮気調査に良く利用する人が多いのですが、車に盗聴器を付ける場合には、何の言い訳を作ることもできない物ですし、違法となりますので、注意しましょう。自宅に自分自身で盗聴器を仕掛ける分には違法にはならないとされています。ですが、電話機に盗聴器を仕掛けるのは違法行為になってしまいますから気を付けましょう。

パートナーを尾行して、写真などで証拠現場を抑えるという方法は、違法のように思われがちですが違法ではありません。興信所などに依頼をすると、尾行により、証拠を押さえるという方法を利用する場合が一番多いとされています。
浮気の証拠がなく、浮気相手について調べることは違法となります。確証がつかめていれば、慰謝料を請求することが可能ですが、証拠がない場合には、プライバシーの侵害となりますから注意しましょう。

関連記事

  1. 男性が行う浮気調査とは
  2. 女性が行う浮気調査とは
  3. 浮気調査をする年代とは
  4. 浮気調査とは